代表ブログ

2017.10.19 田舎に帰って有意義な人生を始めませんか?

 

 

東京でオリンピックが開催されます。

私が8歳の時、東京でオリンピックが開催されました。

あれから54年、2度目の東京オリンピックです。

江津市は東京に一番遠い街だそうです。

私はなぜ東京地上主義なのかわかりませんが、私の知る限り、いろいろなものはありますが、とても住みにくい街だなあと感じています。

ほとんど何も作っていないので、全国から輸送コストをかけてかき集めて成り立っています。

30年以内に震度7の地震が来る確率が70%だそうです。自慢のコンピューターシステムも心配です。

日本には、もっと素晴らしいところがたくさんあります。

田舎で、自分を見つけ、もの社会ではなく、心豊かな生活をし、時々都会に遊びに行く、こういう生き方もいいのではないかなあと思います。


2017.08.07 若い人に地元に帰って活躍して欲しいものです。

 

最近、大学を卒業した若者がメールを良く返してくれます。

夢を抱いて都会に出たものの、安い給料で遅くまで働き、くたくたになりながら、ぎりぎりの生活をして、精神まで病んでしまいそうな状況です。田舎に居れば、おおむね夕方には終業し、自分を高める努力、趣味の時間、家族との時間も十分に取れると思います。

失礼ですが、20世紀の都会神話に、地域も、親も子も、取りつかれているとしか私には思えません。

田舎には仕事がないとよく言われますが、本当でしょうか?本当に企業誘致しか方法は無いのでしょうか?

田舎にも沢山仕事はありますよね。田舎の企業は今、人手不足で改善、改革すら取り組めず、廃業を余儀なくされ激減しています。

田舎の企業の冷遇、都会の企業への意味の無い憧れはそろそろ止めにしませんか?

都会の企業では、2~3倍働いて、1.5倍の給料を貰う。それなら、田舎でも出来ますよね。

都会では、安い給料でむちゃくちゃに働けるのに田舎の会社に入った場合、なぜ、手を抜いてしまうんでしょうか?

地方に残って頑張って頂ければ、地方も伸びる事も出来るのになあと残念に思います。

地方に帰って、貢献しませんか?


2017.07.01 

連休も終わり、ほとんどの田んぼが田植えが終わり、きれいな田園風景が見られます。

これから梅雨を迎え、草刈りと家屋の補修が必要になって来ますね。

当社も橋台の埋戻し、その周りのブロック積みを6月いっぱいに仕上げるため準備にかかっます

この時期には、民間のお客様よりの仕事も多く、ご迷惑をかけない様に頑張ります。

皆様には、仕事がない時期にお声をかけていただき、厳しい時期を乗り越えてくることが出来ました。

今は、少しですが、大型工事も受注する事が出来るようになりましたが、民間の皆様には感謝を込めて恩返ししたいと思っています。


2017.04.03 進学、進級、ご就職おめでとうございます。

 

 

進学、進級、就職のシーズンになりました。新しい環境に入られる事で、ご苦労も多いと思いますが夢を持って頑張って下さいね。

当社も、3K,とも6Kとも言われる建設業の中で、若い人が、働く人が、少しでも働きやすい様に、主体的に働ける様、色々配慮してきました。

給料は、まだまだ不十分ではありますが、近隣同業者では1番だと思います。

資格取得にも力を入れ、取得支援もしています。従業員全員が希望すれば、正社員になれます。

仕事の進め方も、上からの指示、命令は最小限にし、従業員自らが計画をし、許可を求めて実行するようにしていますので、めきめき実力が付くと思います。

高い目標を持って日々努力する事で高い評価が得られ、仕事に対する自由度も増していきます。

学生さんは、学期があり、学年があり、その都度乗り越えるべきハードルが用意されますが、大人はそうは行きません、自分でハードルを設け、自ら正面から乗り越えないと成長はありません。

なまけようと思えばいくらでもなまけられますし、誰も文句を言いません。

しかし、その生き方は、その人のその後の人生として確実に現れます。それが自然の摂理で誰もごまかす事は出来ません。

かく言う私も、今まで、100人を超える沢山のスタッフを雇用し、幸せにしようと全力で取り組んで来た積りですが、ほとんどの人に誤解され、時には裏切られて来ました。お客様やスタッフをどうしたら幸せに出来るのか、日々悩んでいます。

 


2017.04.03 3月18日のお知らせ広告以降

 

3月18日のお知らせ広告以降、真砂土のご注文、家屋の解体2件、墓地の整備、撤去、靄の参道の補修、住宅の進入路の拡幅、住宅の排水処理、住宅周りの木々の伐採、草刈り清掃などに取り組ませていただいております。

お客様の所にお邪魔すると、色々なお話を聞くことが出来、日々感動と気付きを頂けます。

今では大きな公共工事もさせて頂けるようになりましたが、30年以上続けさせて頂いている民間工事から学ばせて頂いた事が、大きな力になっており、心から感謝しています。

今でも、トップセールスをさせて頂いていますが、いつも暖かく迎えて頂き生きがいになっています。


2017.03.13 お寺の改修工事の準備に入りました。

跡市のお寺の改修の為、皆さんからのご寄付を頂き、着工の準備をすることになりました。

昨今は、お寺、お宮の改修は寄付が集まらず、大変な作業になります。

でも、大切な地域の財産です、しっかり守って行きたいと思います。

 


2017.03.13 民間の仕事の依頼があり、決定致しました。

本日、仕事の依頼があり、決定致しました。

そのお客様には、親戚の業者、その他知り合いの業者から、再三、させて欲しいと依頼があったそうですが、

お友達に相談して、是非、当社にやって欲しいとの依頼でした。

以前からもお付き合いのある方で、当社の気遣いを理解して頂いている方なので、喜んでさせて頂く事にしました。

有難いですね。

 

 


2016.10.25 跡市小学校が今春閉校いたしました。

中学校に引き続き、今春、140年の歴史を誇った跡市小学校が閉校しました。

校舎は、80年前、当時流行った、ロココ式アールデコの様式で現在は江津、浜田では現存する最後の建物になりました。

私も卒業生ですが、当時360~370人くらいの生徒と60人の分校を抱えていた学校が、現在では生徒数5名になってしまいました。

日本はこれからどこに向かうのでしょう?という感じです。


2015.09.14 災害復旧が思うように行かず、悪戦苦闘です。

秋になって日本各地で災害が多発していますね

政治も経済、火山、天候まで何もかもがおかしな方向に向かっているように思います。

すべてを基本にてらして考えなおす必要になってきていると思います。


2015.01.01 明けましておめでとうございます。

 

明けましておめでとうございます。新春を迎え、心よりお喜び申し上げます。

一昨年、昨年と社内的にも、個人的にも本当に大変な年でした。

しかし、たくさんの皆様のお世話を頂き、過ごす事ができました。

本年も皆様のお世話を頂きながら過ごして行く事になると思いますが、感謝の気持ちを忘れず、頑張りたいと思います。

相変わりませず、ご指導頂きます様、お願い致します。